シャルル(7世)(読み)しゃるる(英語表記)Charles Ⅶ

日本大百科全書(ニッポニカ)「シャルル(7世)」の解説

シャルル(7世)
しゃるる
Charles Ⅶ
(1403―1461)

バロア朝第5代のフランス王(在位1422~61)。母はバイエルン公家のイザボー。兄2人が早世し、王太子号をとったが、1419年、アルマニャック派の陰謀に加担して、ブルゴーニュ公ジャンを殺害し、王太子号を奪われた。20年トロア条約で、父シャルル6世はイングランド王家と和解し、22年、父王の死後「イングランドとフランスの王」を名のる幼王ヘンリー(シャルルの姉カトリーヌの子)が立った。北フランスはイングランド王家の軍勢と、その同盟者ブルゴーニュ公家の勢力下に置かれ、シャルルはロアール河畔に臨時政府をたてた。「ブールジュの痴(し)れ王」の伝説には根拠がなく、彼は冷静に反攻の機会をうかがっていた。ブルゴーニュ公フィリップ2世との和解がシャルルの戦略の要(かなめ)にあり、そのことは35年アラスの和約に実現された。そこに至る過程に、ジャンヌ・ダルクの参加したオルレアンの戦い、ランスにおける戴冠(たいかん)が位置する。36年、首都パリを回復したシャルルは、ノルマンディー、ギュイエンヌ方面でイングランド勢力に対処する一方、常備軍の整備、フランス教会の組織改革、政商ジャック・クールを登用しての財政改革など、王政の拡充に努めた。ブルゴーニュ、ブルターニュなど、なお残る大諸侯領への王権の浸透は、彼の代に準備された。王妃マリ・ダンジューの腹に生まれたルイがその仕事を仕上げることになる。53年、ギエンヌ(ギュイエンヌ)を接収して、百年戦争に終止符を打った。

[堀越孝一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「シャルル(7世)」の解説

シャルル(7世)
Charles Ⅶ

1403〜61
フランスのヴァロワ朝第5代の王(在位1422〜61)。勝利王(le Victorieux)とも呼ばれる
トロワ条約でイギリス王ヘンリ5世に王位継承権を奪われたが,ヘンリ6世と同時に即位。南フランスのアルマニャック派の支持を受けてイギリスと戦った。1429年ジャンヌ=ダルクがオルレアンを解放したのち,戴冠。カレーを除く全大陸諸領を回復し,百年戦争を終結して勝利王と呼ばれた。常備軍を設置し,政商ジャック=クールを登用して財政を整理し,王権を強化した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android