コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルル[10世] シャルル

百科事典マイペディアの解説

シャルル[10世]【シャルル】

フランス国王(在位1824年―1830年)。ルイ15世の孫。ルイ16世,ルイ18世の末弟フランス革命勃発とともに亡命,各地で反革命運動を組織。1814年王政復古後は過激王党派指導者となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャルル[10世]【Charles X】

1757‐1836
フランス国王。在位1824‐30年。ルイ16世,ルイ18世の弟。即位前はアルトア伯という。王政復古期に旧体制への復帰をめざす王党派の中心となったことで知られる。1789年フランス革命が始まると同時に国外に亡命。91年のピルニッツ宣言に荷担し,亡命貴族を率いてバンデ地方の王党派反乱(バンデの反乱)の支援に出発するが失敗する(1795)。1814年王政復古でフランスに帰り,とくに翌15年からルイ18世の欽定した〈憲章〉に反対し,過激王党派ultrasの首領となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シャルル[10世]の関連キーワード王政復古(世界)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android