コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルル[9世] シャルル

百科事典マイペディアの解説

シャルル[9世]【シャルル】

フランス国王(在位1560年―1574年)。アンリ2世の子。即位後も実権は母后カトリーヌ・ド・メディシスの手中にあった。治世初めに宗教戦争(ユグノー戦争)が勃発し,カトリック・プロテスタント両派の対立が激しく,王権はその間を動揺。
→関連項目ノストラダムスロンサール

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャルル[9世]【Charles IX】

1550‐74
フランス国王。在位1560‐74年。アンリ2世の第2王子。兄王の急死により10歳で即位,まもなく宗教戦争が開始された。実権は摂政として母后カトリーヌ・ド・メディシスが握り,国王は成人して後も彼女の強い影響下にあった。新旧両派の均衡の上に王権を強めようとしたが失敗,サン・バルテルミの虐殺事件を黙認することになった。この事件以後国事から遠ざかり,2年後に若くして死んだ。【林田 伸一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャルル[9世]の言及

【サン・バルテルミの虐殺】より

…殺害された者の数については,同時代人の評価でも,全国で2000人から10万人と大きな隔りがあるが,宗教的不寛容が極端な形をとった典型的事例である。フランスは1562年以来ユグノー戦争に突入していたが,70年ごろより新旧両派の抗争は小康状態にあり,その象徴として,新教派の総帥アンリ・ド・ナバール(のちのアンリ4世)とシャルル9世の妹マルグリット・ド・バロア(マルゴ姫)との結婚契約が成立し,8月18日パリで盛大な婚儀が行われた。しかし,旧教派の首領アンリ・ド・ギーズHenri I de Guiseは,新教派の重鎮コリニー提督の国政への影響力増大を嫌い,提督の暗殺を企てたが,これに失敗(8月22日),ユグノー派の総反撃を恐れ大量殺戮へと走った。…

※「シャルル[9世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャルル[9世]の関連キーワードサン・バルテルミの虐殺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android