コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルル[9世] シャルル

2件 の用語解説(シャルル[9世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シャルル[9世]【シャルル】

フランス国王(在位1560年―1574年)。アンリ2世の子。即位後も実権は母后カトリーヌ・ド・メディシスの手中にあった。治世初めに宗教戦争ユグノー戦争)が勃発し,カトリックプロテスタント両派の対立が激しく,王権はその間を動揺。
→関連項目ノストラダムスロンサール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シャルル[9世]【Charles IX】

1550‐74
フランス国王。在位1560‐74年。アンリ2世の第2王子。兄王の急死により10歳で即位,まもなく宗教戦争が開始された。実権は摂政として母后カトリーヌ・ド・メディシスが握り,国王は成人して後も彼女の強い影響下にあった。新旧両派の均衡の上に王権を強めようとしたが失敗,サン・バルテルミの虐殺事件を黙認することになった。この事件以後国事から遠ざかり,2年後に若くして死んだ。【林田 伸一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシャルル[9世]の言及

【サン・バルテルミの虐殺】より

…殺害された者の数については,同時代人の評価でも,全国で2000人から10万人と大きな隔りがあるが,宗教的不寛容が極端な形をとった典型的事例である。フランスは1562年以来ユグノー戦争に突入していたが,70年ごろより新旧両派の抗争は小康状態にあり,その象徴として,新教派の総帥アンリ・ド・ナバール(のちのアンリ4世)とシャルル9世の妹マルグリット・ド・バロア(マルゴ姫)との結婚契約が成立し,8月18日パリで盛大な婚儀が行われた。しかし,旧教派の首領アンリ・ド・ギーズHenri I de Guiseは,新教派の重鎮コリニー提督の国政への影響力増大を嫌い,提督の暗殺を企てたが,これに失敗(8月22日),ユグノー派の総反撃を恐れ大量殺戮へと走った。…

※「シャルル[9世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャルル[9世]の関連キーワードフィリップフランス領ギアナフレンチ自由フランスフランス窓フランソワユーグカペールイフィリップフランス刺繍ルブルック

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone