コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーラー セーラーMax Theiler

4件 の用語解説(セーラーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

セーラー(Max Theiler)

[1899~1972]南アフリカ生まれの医学者。英国・米国に留学し、ウイルス学を研究。黄熱ワクチンを発明した。1951年ノーベル生理学医学賞受賞。

セーラー(sailor)

水夫。船員。水兵。
セーラー服」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セーラー
せーらー
Max Theiler
(1899―1972)

南アフリカ共和国の医学者。プレトリアの生まれ。父のアーノルドArnold Theiler(1867―1936)は獣医で熱帯病の研究者。1916年ケープ・タウン大学に入り、卒業後イギリスに留学、セント・トーマス病院とロンドン熱帯病医学校で医学を学ぶ。のちアメリカに渡り、1922年ハーバード大学医学部で研究を始め、1930年ロックフェラー財団国際保健部に移った。1928年に黄熱ウイルスがサルに感受性を示すことが発見されたが、1930年セーラーは黄熱ウイルスがハツカネズミに感受性をもつことを発見、継代して弱毒化に成功。これが契機となって黄熱ウイルスの研究は急速に進歩し、ワクチンも開発された。「黄熱およびその治療法に関する発見」により、1951年ノーベル医学生理学賞を受賞した。[中川米造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セーラーの関連キーワード堀内恒夫東映(株)日中関係リジェンダー外房線動物保護毎日新聞田中角栄内閣頭脳警察あがた森魚

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セーラーの関連情報