トルストイ(年譜)(読み)とるすといねんぷ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルストイ(年譜)
とるすといねんぷ

18288月28日、伯爵家四男としてトゥーラ市近郊ヤースナヤ・ポリャーナに生まれる
1844外交官を志し、カザン大学へ入学、落第
1847転科した法科を退学、故郷で地主生活に入るも挫折。3年間を都市の享楽にふける
1852カフカスで砲兵隊勤務中に『幼年時代』を『同時代人』に発表
1854再志願ののちクリミア軍に転属。『少年時代』
1855ペテルブルグに帰還。『セバストポリ物語』(~1856年)
1856故郷へ戻る。『地主の朝』
1857ヨーロッパ旅行。『青年時代』
1859『三つの死』『家庭の幸福』
1860教育活動に傾注。長兄死す
1861農奴解放令布告。農地調停委員に選ばれ、翌年辞任
186218歳のソーフィヤ・アンドレーエブナと結婚
1863『コサック』。『戦争と平和』、1869年完結
1873『アンナ・カレーニナ』に着手、1877年完結。『ロシア語読本』
1875肉親の死が続く
1876宗教的問題を考えだす
1878ツルゲーネフと和解
1881アレクサンドル2世暗殺される。ドストエフスキー死去
1882『懺悔』
1884『わが信仰はいずれにありや』
1885『さらば我ら何をなすべきか』、民話『イワンのばか』
1886『イワン・イリイーチの死』、戯曲『闇の力』
1887『人生論』
1890『クロイツェル・ソナタ』
1891秋以降、飢饉救済活動に没頭
1895『主人と下男』
1897『芸術とは何か』
1899『復活』
1900アカデミー会員に選ばれる。『生ける屍』
1901ギリシア正教会から破門
1904日露戦争勃発。『考え直せ』
1908『黙す能わず』
191010月28日、医師マコビツキーを伴って家出、11月7日、肺炎で死去

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android