一夜漬(け)(読み)イチヤヅケ

デジタル大辞泉の解説

いちや‐づけ【一夜漬(け)】

一晩だけ漬けた漬物。早漬け。「蕪(かぶ)の一夜漬け
間に合わせに一晩で急いで準備した仕事や勉強。「一夜漬けの試験勉強」
歌舞伎などで、世間で評判になった事件をすぐ脚色し、上演すること。また、その芝居。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いちや‐づけ【一夜漬】

〘名〙
① かぶ、菜などを細かく刻み、一晩で漬けた物。はやづけ。
仮名草子・尤双紙(1632)上「浅きもののしなじな〈略〉一夜つけの香の物」
② (一夜附) 歌舞伎などで、世間で評判の事件などをすぐ脚色、上演すること。また、その芝居。元祿(一六八八‐一七〇四)頃から始まる。際物(きわもの)狂言。〔戯場訓蒙図彙(1803)〕
③ 短時間に大急ぎでやる仕事や勉強。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉五「目今(めさき)の新聞は、訳文(やくもん)の一夜漬(イチヤヅケ)に、記載(かかれ)たりナ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の一夜漬(け)の言及

【漬物】より

…また,漬込み期間の長短によって当座(とうざ)漬と保存漬とに大別される。当座漬は浅漬,早漬などとも呼ばれ,材料に風味を添えるための調理的なもので,漬込み時間が数時間から一晩程度のごく短いものは即席漬,一夜漬ともいう。保存漬は貯蔵を目的とする漬物本来のもので,とくに長く貯蔵されたものは古漬,ひね漬とも呼ぶ。…

※「一夜漬(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android