コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一夜漬(け) イチヤヅケ

デジタル大辞泉の解説

いちや‐づけ【一夜漬(け)】

一晩だけ漬けた漬物。早漬け。「蕪(かぶ)の一夜漬け
間に合わせに一晩で急いで準備した仕事や勉強。「一夜漬けの試験勉強」
歌舞伎などで、世間で評判になった事件をすぐ脚色し、上演すること。また、その芝居。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の一夜漬(け)の言及

【漬物】より

…また,漬込み期間の長短によって当座(とうざ)漬と保存漬とに大別される。当座漬は浅漬,早漬などとも呼ばれ,材料に風味を添えるための調理的なもので,漬込み時間が数時間から一晩程度のごく短いものは即席漬,一夜漬ともいう。保存漬は貯蔵を目的とする漬物本来のもので,とくに長く貯蔵されたものは古漬,ひね漬とも呼ぶ。…

※「一夜漬(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一夜漬(け)の関連キーワード一夜漬け・一夜漬伊勢音頭恋寝刃径山寺みそ径山寺味噌加藤ゆり板垣大根民田茄子一夜漬け即席漬け当座漬け世話物若菜病岩渕梢浅漬け漬物すし際物浅漬シカ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android