コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じょうyāna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


じょう
yāna

仏教用語。もと「乗物」の意。転じて,理想の状態へいたる手段,実践法,道の義に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう【乗】

[名]
掛け算。乗法。「加減除」
史書。歴史。
乗り物。
「古へ屈産(くっさん)の―、項羽が騅(すい)」〈太平記・一三〉
[接尾]助数詞。
同じ数を掛け合わせる回数を示す語。「二の二
車の数を数えるのに用いる。「千兵車

じょう【乗〔乘〕】[漢字項目]

[音]ジョウ(呉) [訓]のる のせる
学習漢字]3年
乗り物にのる。「乗員乗客乗降乗車乗馬乗用騎乗搭乗同乗分乗
乗り物。また、兵車。「下乗(げじょう)一天万乗
よい機会として利用する。「便乗
掛け算をする。掛け算。「乗除乗数乗法三乗相乗累乗
記録。歴史書。「史乗日乗野乗
仏の教え。「小乗上乗大乗
[名のり]あき・しげ・のり

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょう【乗】

[1] ( 名 )
乗り物。 「古へ屈産くつさんの-、項羽が騅すい/太平記 13
数を掛けること。掛け算。
〘仏〙 〔人々を乗り物で悟りの彼岸に至らしめることから〕 仏の教え。仏教の教義。
記録を記した本。史書。
( 接尾 )
助数詞。
同じ数を掛け合わせる回数を数えるのに用いる。 「三の二-」
車の数を数えるのに用いる。 「万-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【ノリ】より

…日本音楽の理論用語。〈乗〉とも書く。リズムに関連して,さまざまに用いられる。…

※「乗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乗の関連キーワードケプラーの第三法則愛媛県今治市延喜一乗谷朝倉氏遺跡マリュスの法則ファクトリアル醸し人九平次乗す・載す興に乗ずる一乗谷城跡勝ちに乗る真言密教止観十乗金剛乗教十善万乗虚数単位加減乗除甘露利益法華一乗古市宗円無量大数

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乗の関連情報