コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

纏わる マツワル

2件 の用語解説(纏わるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まつわ・る〔まつはる〕【×纏わる】

[動ラ五(四)]
からみつく。「足に着物のすそが―・る」
そばについていて離れない。つきまとう。「捨て猫が―・る」「彼の捨てぜりふがいつまでも脳裏に―・る」
付随する。関連する。「星に―・る物語」
[動ラ下二]
1に同じ。
「枝どもも濡(ぬ)れ―・れつきて」〈・二七八〉
2に同じ。
「心地よげに見え給ひし北の方も思ひ―・れてなむおはすめる」〈落窪・二〉

まとわ・る〔まとはる〕【×纏わる】

[動ラ五(四)]
まつわる2」に同じ。
「犬ののそのそと近づき来て踵の臭い嗅ぎに―・るも」〈露伴・いさなとり
まつわる1」に同じ。
「五六尺ばかりなる蛇―・りて、口さしつけて臥したり」〈沙石集・七〉
[動ラ下二]
まつわる1」に同じ。
「裾ども取り広げ、紐どもの―・れたりける」〈狭衣・一〉
まつわる2」に同じ。
「(猫ハ)姉おととの中につと―・れて」〈更級

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

纏わるの関連情報