修練・修錬・修煉(読み)しゅうれん

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐れん シウ‥【修練・修錬・修煉】

〘名〙
① 修養、鍛練すること。人格、技術、学問などを磨き、きたえること。
※三代格‐二・弘仁一四年(811)二月二七日「四種三昧令修練
※敬斎箴講義(17C後)「抑釈氏の徒に持敬の脩練ありしは瑞岩のみ」 〔宋史‐陳搏伝〕
② 昭和一八年(一九四三)、旧制中学校に設けられた教育課程の分野。教科と並ぶもので講話、礼法、体操、銃剣道、農耕作業、宿泊訓練、勤労作業などを含む。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android