千宗旦(読み)せんのそうたん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千宗旦(せんのそうたん)
せんのそうたん
(1578―1658)

江戸初期の茶人。元伯と号し、元叔、咄々斎(とつとつさい)と称す。父は少庵(しょうあん)、母は利休の娘の亀(法名喜室宗桂)。少年時、大徳寺に入り喝食(かっしき)、ついで蔵主(ぞうす)となるが、1591年(天正19)祖父利休の死にあい、家に戻り、父少庵を助けて千家の再興にあたった。自身は大名に仕官することなく生涯清貧に甘んじたが、4子(先妻の子宗拙(そうせつ)・宗守、後妻の子宗左・宗室)の「有付(ありつき)」(就職)には奔走している。ただし長男宗拙とは不和となり勘当したため、千家の茶は3子が継承する。茶事の面では禅味を強調し、金森宗和との対比で「乞食(わび)宗旦、姫宗和」と称された。近衛信尋(このえのぶひろ)、柳生宗矩(やぎゅうむねのり)、本阿弥(ほんあみ)光悦、野間玄琢(げんたく)、金閣寺鳳林(ほうりん)承章、沢庵宗彭らと親交、とくに後水尾(ごみずのお)院・東福門院の恩顧を被り、女院に茶道具一式を献じている。高弟山田宗(そうへん)・杉木普斎・藤村庸軒(ようけん)・久須見(くすみ)疎安を宗旦四天王と称する。[村井康彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android