大洋[村](読み)たいよう

世界大百科事典 第2版の解説

たいよう【大洋[村]】

茨城県南東部,鹿島郡の村。人口1万0856(1995)。東は鹿島灘,西は北浦に面し,中央部には鹿島台地が広がる。かつては麦,サツマイモラッカセイが農業の中心であったが,近年はプリンスメロンやピーマン,ミツバなどの野菜生産や養豚などがふえている。北浦に面する低地は水田となり,海岸沿いの集落からも出耕作が行われる。北浦ではワカサギ漁が衰え,コイの養殖が行われる。鹿島臨海工業地域の造成にともない,1970年代前半から流入人口がふえており,工業団地の建設も進められている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android