コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩井[市] いわい

百科事典マイペディアの解説

岩井[市]【いわい】

茨城県南西部,利根川左岸の低地にある旧市。1972年市制。猿島茶,野菜などを中心とした都市近郊型農業を主としている。関東鉄道水海道駅からバスが通じ,利根川にかかる芽吹大橋で千葉県野田市と結ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわい【岩井[市]】

茨城県南西部にある市。1955年岩井町を中心に1町7村が合体,72年市制。人口4万4325(1995)。市域の大半は台地に広がり,西端は利根川に臨み,千葉県と対する。平安中期,平将門が本拠を置き,朝廷に抗した史実が著名。江戸時代には,利根川・江戸川水系の舟運を軸に,地域経済を展開したが,明治以降も鉄道交通と無縁で,加えて利根川架橋が実現しない状況では,産業面での停滞がめだった。1958年利根川に芽吹(めぶき)大橋が完成し野田市を介して東京方面への経路が開けて地域経済は急速に進展した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

岩井[市]の関連キーワード千葉県野田市野田[市]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android