怪腕(読み)かいわん

精選版 日本国語大辞典「怪腕」の解説

かい‐わん クヮイ‥【怪腕】

〘名〙 人並すぐれた手腕。すごうで。
※相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉名力士小と芽生えの常陸、梅「小手捻で、錦を捻倒した腕には、満場破るるばかりの大喝采であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「怪腕」の解説

かい‐わん〔クワイ‐〕【怪腕】

並外れてすぐれた腕力・手腕。「怪腕をふるう」
[類語]有能敏腕辣腕得手特技専売特許上手得意売り物十八番おはこお家芸お株お手の物達者堪能巧者得手物器用多才うまたく巧妙潰しが利くくする腕が立つ腕利き腕こき腕っこき手練てだれ手利き名人達人名手妙手エキスパート巨星巨匠名匠名工大家たいか権威第一人者泰斗たいと耆宿きしゅく大御所おおごしょオーソリティー巧手凄腕腕達者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android