御手の物(読み)おてのもの

精選版 日本国語大辞典の解説

おて【御手】 の 物(もの)

(手に入ったものの意から) 自分の自由にできる物事。得意のわざ。得手。十八番。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第三九「子規聞たい時になくやうに 草の菴は御手の物也」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉老作者「斯ういふ類の戯文(げぶん)はお手の物でがすから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android