コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新宮[村] しんぐう

世界大百科事典 第2版の解説

しんぐう【新宮[村]】

愛媛県東端,宇摩郡の村。人口2003(1995)。吉野川の支流銅山川の中流域に位置し,法皇山脈に属する山地が村域の大部分を占める。中心集落の新宮は古代は《和名抄》に見える山田郷に属し,伊予国府(現,今治市)から土佐国府(現,南国市)へ通じる官道と阿波国への通路であった銅山川の交差地にあたる交通の要地で,村内の熊野神社境内出土の貞応2年(1223)の神鏡銘には古美(こみ)新宮とある。807年(大同2)に紀伊国新宮より勧請したと伝える熊野神社もあり,四国の熊野信仰第一の霊場として栄えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

新宮[村]の関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門小津安二郎重症急性呼吸器症候群生化学日本郵便制度史(年表)アレックス ロドリゲス無形文化遺産保護条約HomeStyle+イラク戦争

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android