コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法師[温泉] ほうし

百科事典マイペディアの解説

法師[温泉]【ほうし】

群馬県みなかみ町にある温泉。含石膏苦味泉。43℃。弘法大師の発見という所伝があり,江戸時代には湯銭取決めなどを6ヵ村で行っている。上越国境の三国峠南東麓,赤谷川支流西川沿いにわき,三国街道に近いため古くから湯治場として知られた。上越新幹線上毛高原駅,上越線後閑(ごかん)駅からバス。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうし【法師[温泉]】

群馬県北西部,利根郡新治(にいはる)村にある温泉。セッコウ泉,42℃。新潟県境に近い利根川の支流赤谷川上流の西川渓谷にあり,源泉は河床の割れ目からわく。三国温泉郷の最も奥にあたり,三国峠を越える旅人に古くから利用されてきた。1931年国鉄(現JR)上越線が全通してから客は増加したが,旅館は現在も1軒である。ランプをともす木造の大浴場が名物。上越線後閑(ごかん)駅からバスの便がある。【榊原 貴士】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android