コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法然寺 ほうねんじ

2件 の用語解説(法然寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法然寺
ほうねんじ

香川県高松市仏生山町にある浄土宗の寺。山号は仏生山来迎院。もと法然上人配流の地に生福寺を建立したが,のち寛文8 (1668) 年高松藩主松平頼重が当地に移して菩提寺として,寺号を法然寺とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法然寺
ほうねんじ

香川県高松市仏生山(ぶっしょうざん)町にある浄土宗の寺。仏生山来迎院(らいごういん)と号する。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。1207年(承元1)開創。法然上人(しょうにん)(源空)が念仏停止(ねんぶつちょうじ)により讃岐(さぬき)国小松荘(しょう)(香川県仲多度(なかたど)郡まんのう町)に流され、自刻の阿弥陀如来像を安置して生福寺を創建したのを起源とする。のち1668年(寛文8)高松藩主松平頼重が現在の地に寺基を移し、3年の年月をかけて伽藍(がらん)を造営し、寺号を法然寺と改め、松平歴代の菩提寺(ぼだいじ)および祈願所とした。江戸時代の寺領は300石。本堂は1907年(明治40)再建のもの。三仏堂は涅槃堂(ねはんどう)ともいい、寝釈迦(ねしゃか)を中心に、釈迦の死を悲しむ者たちの木彫があり、京都の清凉寺(せいりょうじ)の釈迦像(嵯峨(さが)の立釈迦)に対して讃岐の寝釈迦として知られている。旧暦2月14、15日に涅槃会(え)が行われる。寺宝は絹本着色十王像、紙本着色観音功徳図(かんのんくどくず)(ともに国重文)など数多い。[清水 乞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法然寺の関連情報