コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸[町] せと

4件 の用語解説(瀬戸[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

瀬戸[町]【せと】

岡山県南東部,赤磐(あかいわ)郡の旧町。吉井川と砂川の流域を占める。主集落瀬戸は山陽本線の駅前集落として発達。モモ,ブドウ,野菜の栽培を行い,食品加工も盛ん。岡山市への通勤者が多い。

瀬戸[町]【せと】

愛媛県西部,佐田岬半島の中部の西宇和郡の旧町。伊予灘に面する中心の三机(みつくえ)は古くは風待港で,幕末の長州征伐の一拠点であった。かつては三崎牛の本場として知られ,大久(おおく)では子牛の定期市が開かれたが現在は衰微。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せと【瀬戸[町]】

岡山県南東部,赤磐(あかいわ)郡の町。人口1万4354(1995)。岡山平野の北東部に位置し,東部を吉井川が南流する。吉井川右岸の万富(まんとみ)から観音寺にかけて北東~南西の方向に断層谷が発達している。中心集落の瀬戸は山陽本線の瀬戸駅前に発達した駅前集落で,郡の行政,商業の中心をなす。農業が主産業で,米作やモモ,ブドウの栽培が行われる。食料品の工場があり,隣接する岡山市への通勤者も多い。万富付近には鎌倉初期の東大寺再建時に使われた東大寺瓦窯跡(史)がある。

せと【瀬戸[町]】

愛媛県西部,西宇和郡の町。人口3104(1995)。佐田岬半島中央部にあって,北は伊予灘,南は断層海岸宇和海に面し,東西に細長い町域の大部分を山地が占める。伊予灘に面した三机(みつくえ)が中心集落で,三机港は帆船時代に良港として栄え,幕末には長州征伐の一拠点となった。かつては三崎牛飼育の本場で,町域西部の大久(おおく)などで子牛の定期市が開かれたが,現在は衰微した。代わってかんきつ類の栽培を主とする農業や,沿岸漁業基幹産業となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

瀬戸[町]の関連キーワード長船那智赤磐市赤磐岡山棚倉備前益子岡田磐赤坂錦

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone