コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸[町] せと

百科事典マイペディアの解説

瀬戸[町]【せと】

岡山県南東部,赤磐(あかいわ)郡の旧町。吉井川と砂川の流域を占める。主集落瀬戸は山陽本線の駅前集落として発達。モモ,ブドウ,野菜の栽培を行い,食品加工も盛ん。岡山市への通勤者が多い。

瀬戸[町]【せと】

愛媛県西部,佐田岬半島の中部の西宇和郡の旧町。伊予灘に面する中心の三机(みつくえ)は古くは風待港で,幕末の長州征伐の一拠点であった。かつては三崎牛の本場として知られ,大久(おおく)では子牛の定期市が開かれたが現在は衰微。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せと【瀬戸[町]】

岡山県南東部,赤磐(あかいわ)郡の町。人口1万4354(1995)。岡山平野の北東部に位置し,東部を吉井川が南流する。吉井川右岸の万富(まんとみ)から観音寺にかけて北東~南西の方向に断層谷が発達している。中心集落の瀬戸は山陽本線の瀬戸駅前に発達した駅前集落で,郡の行政,商業の中心をなす。農業が主産業で,米作やモモ,ブドウの栽培が行われる。食料品の工場があり,隣接する岡山市への通勤者も多い。万富付近には鎌倉初期の東大寺再建時に使われた東大寺瓦窯跡(史)がある。

せと【瀬戸[町]】

愛媛県西部,西宇和郡の町。人口3104(1995)。佐田岬半島中央部にあって,北は伊予灘,南は断層海岸宇和海に面し,東西に細長い町域の大部分を山地が占める。伊予灘に面した三机(みつくえ)が中心集落で,三机港は帆船時代に良港として栄え,幕末には長州征伐の一拠点となった。かつては三崎牛飼育の本場で,町域西部の大久(おおく)などで子牛の定期市が開かれたが,現在は衰微した。代わってかんきつ類の栽培を主とする農業や,沿岸漁業基幹産業となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone