コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

租・庸・調[日本] そ・よう・ちょうにほん

1件 の用語解説(租・庸・調[日本]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

租・庸・調[日本]
そ・よう・ちょうにほん

日本の律令制下の税制度。唐の均田制および税制にならい,律令制度の税制のうちの基本をなすもので班田収授法によって口分田を与えられた公民に毎年課せられた。租は口分田1反 (約 9.9a) につき稲2束2把 (約 11kg) ,のちに度量衡制が改正されて1束5把となったが,実量は変りなく収穫量の約3%にあたっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

租・庸・調[日本]の関連キーワード均田制陵戸永業田余り戸散事均田制(日本)均田制(中国)律令制司法制度律令制土地制度律令制身分制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone