コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未だし イマダシ

4件 の用語解説(未だしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いまだ・し【未だし】

[形シク]《副詞「いまだ」の形容詞化》まだその時に達していないさま。まだ早い。未熟だ。現代語でも終止形を体言的に用いることがある。「理論上は解明できたが、実現には―・しの感がある」
「―・しき学者の、心はやりて言ひ出づることは」〈玉勝間・一〉

まだ・し【未だし】

[形シク]《副詞「まだ」の形容詞化》
まだその時期に達していない。
「花盛りは―・しきほどなれど」〈・少女〉
まだ準備が整わない。不十分だ。
「文やり給ひつや。―・しくは、かう書きてやり給へ」〈落窪・二〉
未熟である。
「琴、笛など習ふ。又さこそは―・しき程は」〈・一五八〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いまだし【未だし】

( 形シク )
まだその時期ではない。時期尚早だ。現代語でも、「―の感がある」のように終止形を体言的に用いる場合がある。 「没せし時は-・しき時なり/海道記」

まだし【未だし】

( 形シク )
〔副詞「まだ」の形容詞化〕
まだその時期になっていない。機が熟さない。いまだし。 「五月来ば鳴きもふりなむほととぎす-・しき程の声を聞かばや/古今
まだ整わない。まだ十分でない。 「末なむ-・しき/蜻蛉

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

未だしの関連キーワード挑まし宜し笑まし穏ひし鬼し進まし第二形容詞笑はしいとど・し嘆かし

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone