コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぽんぽん ポンポン

デジタル大辞泉の解説

ぽん‐ぽん

[副]
続けざまに物を軽くたたく音や、そのさまを表す語。「つづみをぽんぽん(と)鳴らす」
続けざまに物が破裂する音を表す語。「ポップコーンがぽんぽん(と)はじける」
勢いよく次々と物事が行われるさま。「ビールの口をぽんぽん(と)開ける」「気前よくぽんぽん(と)人にやる」
勢いよく続けざまに、または遠慮なくものを言うさま。「批判の言葉がぽんぽん(と)出る」
[形動]腹などがいっぱいになってふくれるさま。「ごちそうでおなかがぽんぽんになる」
[名]腹をいう幼児語。ぽんぽ。「ぽんぽんが痛くなる」
[アクセント]ンポン、はポンポン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぽんぽん

[1] ( 副 )
繰り返して手・鼓などを打ったり、物が当たったりする時の軽い音を表す語。また、物が破裂したり、はじけたりする軽い音を表す語。 「 -(と)手を打つ」 「 -(と)小気味のよい音を立ててキャッチ-ボールをする」 「花火が-(と)あがる」
威勢よく、無造作に、立て続けに事を行うさま。 「冗談が-(と)飛び出す」 「 -(と)投げ捨てる」 「商品が-(と)売れる」
[0] ( 形動 )
袋などに物を入れ過ぎて、はち切れそうにふくらんでいるさま。ぱんぱん。 「タイヤに空気を-に入れる」
[1] ( 名 )
〔幼児語〕 腹。おなか。ぽんぽ。 「 -が痛い」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ぽんぽんの関連キーワード〆さば ヒカルぽんぽん蒸気ポップコーンすっぽんぽん小言幸兵衛竹屋の火事アクセントぽんぽん船義理張るぽんぽこ永井菜摘一銭蒸汽真っ裸幼児語リーナ居杭筒鳥季語

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぽんぽんの関連情報