赤裸裸(読み)せきらら

精選版 日本国語大辞典「赤裸裸」の解説

せき‐らら【赤裸裸】

〘名〙 (形動ナリ・タリ) まったくのはだか。また比喩的に、つつみかくしのないこと。いつわりかざらないこと。また、そのさま。あからさま。ありのまま。赤裸。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「他邦の火山たる多くは赤裸々なるも、日本の火山は然らず喬樹灌木相交互し」
※藤鞆絵(1911)〈森鴎外〉「今それを赤裸々(セキララ)の概念に翻訳して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「赤裸裸」の解説

せき‐らら【赤裸裸】

[名・形動]赤裸」を強めていう語。「赤裸裸な(の)描写」「赤裸裸にあばく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android