農書(中国の書名)(読み)のうしょ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農書(中国の書名)
のうしょ

中国の書名。固有名詞として「農書」とよばれるものに二つあり、一つは宋(そう)代の陳旉(ちんふ)の著作(1149)であり、他は元代の王楨(おうてい)の著作(1313)である。前者は三巻よりなり、上巻が耕種、中巻が畜牛、下巻が養蚕で、華中の農業について述べた内容である。後者は30巻余からなる大部のもので、一般に『農書』といえばこれをさす。内容は「農桑通訣(つうけつ)」六巻、「農器図譜」10巻余、「穀譜」数巻である。著者の王楨は山東省の人で、「農桑通訣」では華北の畑作および華中の稲作について述べ、「穀譜」では従来の作物のほかにコウリャン、ワタが付け加えられている。農具について詳しく、その後の諸書に多く引用されている。日本の農書はこの書に大きな影響を受けている。

[福島要一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android