逸る(読み)ソル

デジタル大辞泉の解説

そ・る【逸る】

《「反る」と同語源》
[動ラ四]
鳥が手もとから離れて飛び去る。
「争へば思ひにわぶるあま雲にまづ―・る鷹ぞ悲しかりける」〈かげろふ・中〉
思いがけない方へ向かう。それる。
「このごろ、御心―・り出(い)でて、化粧ばやりたりとは見ゆや」〈落窪・一〉
[動ラ下二]それる」の文語形

はぐ・る【逸る】

[動ラ五(四)]逸(はぐ)れる2」に同じ。
「取り―・っては一生にまた出逢うことは覚束(おぼつか)ないなれば」〈露伴五重塔
[動ラ下二]はぐれる」の文語形。

はや・る【逸る/早る】

[動ラ五(四)]
あせる。「心が―・る」
勇みたつ。「血気に―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そる【逸る】

( 動四 )
それる。 「 - ・り果てぬるか矢形尾の鷹/詞花 恋下
( 動下二 )
それる

はぐる【逸る】

( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逸るの関連情報