コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒む/進む/遊む スサム

デジタル大辞泉の解説

すさ・む【荒む/進む/遊む】

[動マ五(四)]《動詞「すさぶ」の音変化》
心の持ち方・行動などが乱れてきて、ゆとりやおおらかさがなくなる。とげとげした状態になる。「気持ちが―・む」「生活が―・む」
物事の繊細さ・上品さが失われて粗雑になる。「最近の彼の芸は―・んでいる」
雨や風などの勢いが激しくなる。「寒風が―・む」
ふけりおぼれる。「酒色に―・む」
勢いが尽きて衰える。
「御前にて物など参り給へども、あさましうはかなく―・みつつ」〈狭衣・二〉
嫌って遠ざける。うとむ。
「人ヲ―・ム」〈日葡
からだを苦しめ痛めつける。
「身ヲ―・ム」〈日葡
(遊む)動詞の連用形について、興にのって事をすすめる意を表す。気の向くままに…する。
「筆さしぬらして書き―・み給ふほどに」〈・初音〉
[動マ下二]
心に留めて愛する。賞美する。
「大荒木の森の下草老いぬれば駒も―・めず刈る人もなし」〈古今・雑上〉
勢いが衰えて、やむ。
「ひまもなく降りも―・めぬ五月雨につくまの沼の水草波よる」〈類従本堀河百首
嫌って遠ざける。うとんじる。
「むべ我をば―・めたりと、気色どり怨じ給へりしこそ」〈・紅梅〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すさむ【荒む】

〔「すさぶ」の転〕
( 動五[四] )
(自動詞)
気持ちや生活態度が荒れる。捨て鉢な気持ちになる。 「 - ・んだ生活」 「心が-・む」
気持ちが荒れたり、また努力を怠ったりした結果、芸の技量などが低下する。 「芸が-・む」 「筆が-・む」 「学問の-・み衰ふることなく/舞姫 鷗外
激しくなる。勢いをます。すさぶ。現代語では多く、他の動詞の連用形に付いて用いられる。 「風が吹き-・む」 「雨が降り-・む」 「外山の秋は風-・むらむ/新古今 秋下
一つの事に熱中して、他を顧みない。ふける。 「楽シミニ-・ム/ヘボン」
気の向くままに物事をする。 「ひと日も波になど、-・み臥したるを/狭衣 1
勢いが尽きて雨や風がやむ。 「山里の雨降り-・む夕暮の空/新古今 雑中
(人が)衰える。 「物などまゐり給へど、あさましうはかなく-・みつつ/狭衣 2
うち捨てる。放棄する。 「篝火次第に数消えて、所々に焼-・めり/太平記 8
(他動詞)
心のままにもてあそぶ。慰み興ずる。 「はかなく-・み給ふ吹きもの弾もの/苔の衣」
嫌って遠ざける。 「人ヲ-・ム/日葡」
(自分の肉体を)苦しめる。責める。 「身ヲ-・ム/日葡」
( 動下二 )
心を寄せる。 「山高み人も-・めぬ桜花/古今 春上」 「頭中将の-・めぬ四の君などこそよしと聞きしか/源氏 花宴
(雨や風の勢いを)衰えさせる。 「ひまもなく降りも-・めぬ五月雨につくまの沼のみ草波寄る/堀河百首」
嫌って遠ざける。うとんじる。 「むべ我をば-・めたり/源氏 紅梅

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

荒む/進む/遊むの関連キーワード新巻き/荒巻き神籬

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android