金峰山(熊本)(読み)きんぽうざん

百科事典マイペディアの解説

熊本県熊本市の西部にある山。標高665m。〈きんぼうざん〉とも呼ばれる。安山岩,凝灰岩などからなるカルデラ型火山の中央火口丘で,中世修験(しゅげん)道場となり,峠の茶屋は夏目漱石の《草枕》で有名。頂上からの展望にすぐれ,山麓にはミカン園が多い。
→関連項目河内(熊本)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android