コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金峰山(熊本) きんぽうざん

1件 の用語解説(金峰山(熊本)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

金峰山(熊本)【きんぽうざん】

熊本県熊本市の西部にある山。標高665m。〈きんぼうざん〉とも呼ばれる安山岩凝灰岩などからなるカルデラ型火山の中央火口丘で,中世修験(しゅげん)道場となり,峠の茶屋は夏目漱石《草枕》で有名。
→関連項目河内(熊本)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

金峰山(熊本)の関連キーワード間人皇女寄託金峰山(熊本県)政務調査費千葉県農業協会大野城跡八月の歌餃子の王将基肄城大野城

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone