コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霧島[町] きりしま

2件 の用語解説(霧島[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

霧島[町]【きりしま】

鹿児島県北東部,姶良(あいら)郡の旧町。霧島山の南西部と山麓のシラス台地を占める。中心市街は霧島神宮鳥居前町で,また霧島温泉郷の湯之野温泉から引湯され,温泉地,霧島屋久国立公園(現・霧島錦江湾国立公園)の観光基地としてにぎわう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きりしま【霧島[町]】

鹿児島県姶良(あいら)郡の町。人口6132(1995)。霧島山南麓にあって,町の中央部を霧島川が南流し,シラス台地を分断する。霧島神宮の鳥居前町として古くから開け,神宮の座主を務めた税所氏が支配したが,文明年間(1469‐87)に島津氏に敗れ,以後は,同氏の支配下に入った。宝永年間(1704‐11)には800人以上の山伏がいて霧島信仰の中心となっていた。幕末から明治初期には薩摩藩家老桂久武が士族救済のため田口の一部を開拓し,桂内と名づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone