コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥羽[市] とば

2件 の用語解説(鳥羽[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鳥羽[市]【とば】

三重県志摩半島北東部の市。1954年市制。伊勢湾口に臨む鳥羽港を中心に市街が発達,参宮線,近鉄鳥羽・志摩線が通じる。九鬼水軍の拠点,鳥羽藩城下町,江戸〜大坂の帆船寄港地として栄え,現在は漁業基地で,ノリ,カキの養殖,イセエビサザエアワビを特産。
→関連項目板倉氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とば【鳥羽[市]】

三重県東部,伊勢湾口に位置する市。1954年市制。人口2万6806(1995)。志摩半島北東部と伊勢湾口の答志島,神島,坂手島,菅島などの島を含む。鳥羽は古くは泊浦(とまりのうら)とよばれ,水深も深く波も静かな天然の良港の鳥羽港を中心に市街が発達する。平安時代には橘氏が領し,16世紀後半の九鬼嘉隆の築城以後は九鬼水軍の拠点であった。近世は鳥羽藩の城下町で,大坂~江戸間の航路の風待港としても栄えた。稲垣氏3万石の城下として明治維新をむかえたが,港の機能は引き継がれ,商港・漁港として,また第2次大戦中は海軍の要港として発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の鳥羽[市]の言及

【泊浦】より

…現在の三重県鳥羽市。志摩国の北端,伊勢国との国境に位置した。…

※「鳥羽[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鳥羽[市]の関連キーワード安芸伊勢平野伊勢湾大河内志摩志摩半島四日市桑名度会布引山地東縁断層帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone