鳥羽[市](読み)とば

百科事典マイペディアの解説

鳥羽[市]【とば】

三重県志摩半島北東部の市。1954年市制。伊勢湾口に臨む鳥羽港を中心に市街が発達,参宮線,近鉄鳥羽・志摩線が通じる。九鬼水軍の拠点,鳥羽藩の城下町,江戸〜大坂の帆船寄港地として栄え,現在は漁業基地で,ノリ,カキの養殖,イセエビ,サザエ,アワビを特産。答志島菅島があり,日和(ひより)山,日向(ひなた)島など観光地も多く,伊勢志摩国立公園観光の一中心。ミキモト真珠島など真珠関連の観光施設,宿泊施設もあり,パールロード,伊勢志摩スカイラインも走る。師崎・伊良湖岬間にフェリー,蒲郡間に水中翼船が通じる。107.34km2。2万1435人(2010)。
→関連項目板倉氏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とば【鳥羽[市]】

三重県東部,伊勢湾口に位置する市。1954年市制。人口2万6806(1995)。志摩半島北東部と伊勢湾口の答志島神島坂手島,菅島などの島を含む。鳥羽は古くは泊浦(とまりのうら)とよばれ,水深も深く波も静かな天然の良港の鳥羽港を中心に市街が発達する。平安時代には橘氏が領し,16世紀後半の九鬼嘉隆の築城以後は九鬼水軍の拠点であった。近世は鳥羽藩の城下町で,大坂~江戸間の航路の風待港としても栄えた。稲垣氏3万石の城下として明治維新をむかえたが,港の機能は引き継がれ,商港・漁港として,また第2次大戦中は海軍の要港として発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鳥羽[市]の言及

【泊浦】より

…現在の三重県鳥羽市。志摩国の北端,伊勢国との国境に位置した。…

※「鳥羽[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android