コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『新古今和歌集』 シンコキンワカシュウ

とっさの日本語便利帳の解説

『新古今和歌集』

第八勅撰和歌集。後鳥羽上皇の命で藤原有家藤原定家藤原家隆藤原雅経源通具の撰により元久二(一二〇五)年成立。総歌数は一九八〇ほど。象徴美、抒情美、幽玄美と、本歌取り三句切れなどの手法が特徴。代表的歌人は撰者のほかに、西行、慈円式子内親王など。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『新古今和歌集』の関連キーワード新古今和歌集詳解高松院右衛門佐新続古今和歌集待賢門院新少将宜秋門院丹後小倉百人一首後鳥羽院下野待賢門院安芸二十一代集飛鳥井雅経西園寺公経小夜ノ中山藤原俊成女賀茂保憲女源家長日記八条院高倉少将井尼菅原輔昭藤原隆祐久我通光

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android