いわき[市](読み)いわき

百科事典マイペディアの解説

いわき[市]【いわき】

福島県南東部の市。1966年勿来(なこそ),常磐内郷(うちごう),磐城(いわき)の5市と4町5村が合併して市制。太平洋に面し,大部分は阿武隈高地で,夏井川,鮫(さめ)川流域に平地がある。常磐線,磐越東線が通じ,常磐自動車道,磐越自動車道が分岐する。かつては常磐炭田で栄えたが,1976年全面閉山した。1964年新産業都市に指定され,化学,電気機器,食料品,木材・木製品などの工業が行われ,常磐工業地域を形成している。製造品出荷額では1兆371億円(2003)を上げて県内1位,東北では仙台市に次いでいる。農村部では葉タバコ,木材を多産。旧磐城市の中心小名浜は米・石炭積出港として発展,肥料,製塩,薬品などの大化学工場,水産加工工場が立地する。また東部の江名とともに遠洋漁業根拠地でもあり港湾整備が進む。かつての炭鉱内から引湯するいわき湯本温泉がある。東日本大震災で,市内において被害が発生。1232.02km2。34万2249人(2010)。
→関連項目磐城平藩じゃんがら

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわき[市]

福島県浜通り南部を占める市。1966年平(たいら),磐城(いわき),勿来(なこそ),常磐,内郷の5市と石城(いわき)郡下の四倉町,遠野町,小川町ほか4村および双葉郡の久之浜町ほか1村が合体して新設された。面積は1231.0km2で全国の市の中で第1位である。人口36万0598(1995)。市域は主として花コウ岩類よりなる阿武隈高地に属する山地部と,第三系よりなる丘陵地および夏井川,藤原川,鮫川などの下流域にある沖積地を含む低地部からなり,東は太平洋に臨む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のいわき[市]の言及

【小名浜】より

…1951年重要港湾に指定されてからは周辺の工業化がはかられ,とくに64年新産業都市指定後,内陸交通の整備も進み,漁港,商港,貿易港として発展をみている。この間54年磐城市となり,66年いわき市に編入された。【青木 美智男】。…

【好島荘】より

…福島県いわき市北部を占めた荘園。1186年(文治2)陸奥国岩城郡飯野郷赤目崎(のち平城の地)に石清水八幡宮より御正体を勧請して岩城郡八幡宮(飯野八幡宮)が創建された。…

※「いわき[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android