じっとり(読み)ジットリ

デジタル大辞泉の解説

じっとり

[副](スル)
ひどく湿っているさま。「じっとり(と)汗ばむ」
落ち着いてしとやかなさま。しっとり。
「―としたをなごがあったら、世話してくだんせ」〈滑・浮世風呂・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっとり

( 副 ) スル
しめりけを多く含んでいるさま。また、汗ばんださま。 「ひたいに-(と)汗をかく」 「 -(と)するような暑さ」
しとやかで落ち着いたさま。 「あまりはすはでない-とした女子おなごがあつたら、世話してくだんせ/滑稽本・浮世風呂 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じっとり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 湿気を帯びているさまを表わす語。特に、汗ばんださまなどにいう。
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉友達「お兼さんは富士額の両脇を、細かい汗の玉でぢっとりと濡らしてゐた」
② =しっとり
※玉塵抄(1563)一八「物をととのえてじっとりとするには礼を以てせいではぞ」
③ =しっとり
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「じっとりとした女子が有たら世話してくだんせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じっとりの関連情報