じっとり

精選版 日本国語大辞典「じっとり」の解説

じっとり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 湿気を帯びているさまを表わす語。特に、汗ばんださまなどにいう。
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉友達「お兼さんは富士額の両脇を、細かい汗の玉でぢっとりと濡らしてゐた」
② =しっとり
※玉塵抄(1563)一八「物をととのえてじっとりとするには礼を以てせいではぞ」
③ =しっとり
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「じっとりとした女子が有たら世話してくだんせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「じっとり」の解説

じっとり

[副](スル)
ひどく湿っているさま。「じっとり(と)汗ばむ」
落ち着いてしとやかなさま。しっとり。
「―としたをなごがあったら、世話してくだんせ」〈滑・浮世風呂・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android