ちんたら(読み)チンタラ

デジタル大辞泉の解説

ちんたら

[副](スル)物事に対して積極的でなく、だらだら行うさま。また、動きがのろのろしているさま。「ちんたら練習するな」「ちんたら走る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちんたら

( 副 ) スル
〔俗語〕
動作や作業が、やる気を感じさせないほどのんびりしているさま。 「 -していないで早くやれ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちんたら

〘副〙 物事に対して積極的でなく、だらだら行なうさまを表わす語。
※世相講談(1966)〈山口瞳〉最果ての踊子「あんなものチンタラチンタラやってたら頭へきちゃうの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちんたらの関連情報