ずぼら(読み)ズボラ

デジタル大辞泉の解説

ずぼら

[名・形動]行動・性格がだらしのないこと。また、そのさまやそのような人。ずべら。「悪い男ではないが、ずぼらで困る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずぼら

( 名 ・形動 )
なすべきことをしなかったりしてだらしのないこと。きちんとしていないこと。また、そのさま。 「 -な性格」 「君の-にも困るな、校長か教頭に出逢ふと面倒だぜ/坊っちゃん 漱石
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ずぼら

〘名〙 (形動)
① おこなうべきことや守るべきことをしなかったりおろそかにして、だらしないこと。行動・態度にしまりがないこと。また、そのさま。放縦。ずべら
※咄本・諺臍の宿替(19C中)八「おれも若いときからのづぼらで、朝寝はすきで昼寝はすき」
② 大坂堂島の米相場で、相場がずるずるとさがること。また、そのさま。〔大坂繁花風土記(1814)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずぼらの関連情報