だらしない

大辞林 第三版の解説

だらしない

( 形 ) [文] ク だらしな・し
〔「しだらない」の転。近世以降の語〕
(外面的に)きちんとしていない。整っていない。 「 - ・く口を開けて寝ている」 「 - ・い服装」
(内面的に)節度がない。毅然としていない。しっかりしていない。 「金銭に-・い」 「政府の顔色をうかがうマスコミの-・い姿勢が問題だ」
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

だらし‐な・い

[形][文]だらしな・し[ク]
きちんとしていない。整っていない。「―・いかっこう」「床に―・く寝そべる」
節度がない。しまりがない。「お金に―・い人」「自分の子供のことになると全く―・い」
体力や気力がない。根性がない。「このくらいでへたばるなんて―・い」
[派生]だらしなげ[形動]だらしなさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だらしないの関連情報