コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンナ

デジタル大辞泉プラスの解説

アンナ

アメリカのソウル/カントリー・シンガー、アーサー・アレキサンダーの曲。1962年に発表。全米第68位を記録。ビートルズがカバーし、デビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」(1963年)に収録している。原題《Anna (Go To Him)》。

アンナ

島根県にあるしまね海洋館アクアスで飼育されているシロイルカのメス。口から吐く空気が丸い輪になる「バブルリング」で知られる。2003年9月、島根県浜田市江津市から特別住民票交付。登録名は「アクアス・アンナ」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

百科事典マイペディアの解説

アンナ

米国の測地用人工衛星。閃光(せんこう)電球が取り付けられ,規則的に発光して地上から同時観測できる。重さ191kg,1962年10月打上げ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンナ【Anna】

マリアの母。その名は聖書には記されていないが,外典(ヤコブの原福音書)に,老夫ヨアキムJoachimとの間に神から一人娘マリアを授けられる物語が語られている。別々に子どもの誕生を告げられたヨアキムとアンナが金門で出会い,抱き合う場面は,マリアの受胎の瞬間を表すものとみなされ,聖母伝や救済の歴史中にしばしば取り上げられる。緑のマントと赤い服をつけた老婦人として表現され,幼いマリア(長衣によって幼子イエスと区別される)を抱くか,娘となったマリアに教育を施している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アンナの関連キーワードヴァーゲンザイル:チェンバロのためのディベルティメント/piano soloディクテーター/身元不明でニューヨーク明日の光をつかめ―2013 夏―カステッランマーレディスタビアハード・ソルジャー/炎の奪還ジュリエット・ブラヴォーC.J. ジャヤラリタドン・ジョバンニピアノ・レッスンアンナ・ペレンナキン・オーンマー福島県福島市荒井アンナ・ペレンナ犬を連れた奥さんアンナカレーニナアンネンポルカマンマ・ローマアルファヴィル気狂いピエロ金門の出会い

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンナの関連情報