キング(Martin Luther King, Jr.)(読み)きんぐ(英語表記)Martin Luther King, Jr.

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キング(Martin Luther King, Jr.)
きんぐ
Martin Luther King, Jr.
(1929―1968)

アメリカ合衆国のバプティスト派の黒人牧師で、黒人公民権運動の指導者。ジョージア州アトランタに生まれる。バスの座席の人種分離に反対して1955年12月から1年以上にわたって闘われた、アラバマ州モントゴメリーのバス・ボイコット運動の指導者として一躍脚光を浴び、以後、大衆的な直接行動を数多く組織して、黒人に対する差別の打破、地位向上に大きく寄与した。57年には南部キリスト教指導者会議(SCLC)を組織、奴隷解放100周年を記念する63年のワシントン行進における「私には夢がある」I have a dream. 演説はつとに有名で、翌64年ノーベル平和賞を受賞した。68年4月4日、テネシー州メンフィスの清掃労働者のストライキ支援中に志なかばにして暗殺された。83年、その業績を記念して、彼の誕生日(1月15日)にちなみ、1月の第3月曜日が国民祝日と定められた。

 キング牧師の思想と行動は、二つの時期に大別される。前期は、モントゴメリーのバス・ボイコット運動の開始から1965年のセルマ‐モントゴメリー行進に至る時期で、キリスト教の教えとガンディーの市民的不服従思想を結合した非暴力的直接行動による法的、制度的な差別の打破を目ざす運動が、南部を中心に展開された。66年のシカゴにおける仕事や住宅の確保、学校における真の人種統合を要求する運動で開始される後期は、実生活の諸領域に現実に存在する差別や貧困の打破を目標とするものであり、ここから、キングはベトナム戦争反対の立場を明確にすると同時に、貧しいうえにしばしば未組織の黒人労働者の闘争を積極的に支援するようになっていった。この運動が十分に発展し成果をみる前にキングは凶弾に倒れたが、彼の行動の軌跡は、今日の黒人解放運動の課題や解決の方向をよく示している。

[大塚秀之]

『W・R・ミラー著、高橋正訳『マーチン・ルーサー・キングの生涯』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android