スナック(英語表記)snack

翻訳|snack

百科事典マイペディアの解説

スナック

ポテトチップスやポップコーンなどの塩味のきいた袋入り菓子をいい,転じて,急いで食べる軽食をさすようになった。米国ではスナック・バーと呼ぶカウンター形式の軽食堂が発達しているが,本来は酒類は出さない。日本では1964年にオリンピック開催をひかえて都条例で深夜の酒類販売を禁止したため,多くの酒場保健所の許可だけで営業できる飲食店に衣がえした。これらの店はスナックと呼ばれ,酒類と軽食を出す。最近はカラオケの装置を備えた店も多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スナック【snack】

英語の原義は〈ジャガイモトウモロコシを主材料にして塩味を効かせた袋菓子〉のことで,ポテトチップスやポップコーンなどがこれに該当する。それが転じて,アメリカで発達した〈軽い食事をすばやく食べる食事形式〉を意味するようになり,さらに,そうした食事を,カウンターに腰掛けたり,立食いでごく簡単にすませる軽食堂(スナックバー)を意味するようになった。また1964年以降の日本では,それは夜の盛り場に軒を並べる酒場の主流を占める一形式を指示する言葉として一般的に使用されるようにもなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スナック【snack】

(通常の食事以外に食べる)簡単な食事。軽食。
スナック-バーの略。
「スナック菓子」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スナック
すなっく
snack

原義は一口、少量、簡単な食事をとるという意味。スナック食品の略で、ポテトチップス、ポップコーンなど塩味のつまみ風の一口食べ物をさすとともに、英米では簡易食堂をさすスナック・バーsnack barの略称でもある。日本のスナック・バーは大別して喫茶、食堂、酒場の3種があり、どれもおおむねカウンター式構造で客が気楽に利用できること、客席での接待は禁じられているかわり、風俗営業等取締法の適用を受けず、保健所の許可だけで営業でき、風俗営業に比べ営業時間制限が緩やかなことが特徴。第二次世界大戦後の米占領軍関係施設から日本への導入が始まり、1964年(昭和39)の東京オリンピック大会前の深夜営業規制強化をきっかけに、営業時間の自由なスナックは爆発的に増えた。[森脇逸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスナックの言及

【バー】より

…そして,そこではむしろバーテンダーは脇役にまわり,ママやホステスが顧客接待の主役となった。なお,その後,1964年の東京オリンピックを契機として厳しくなった風俗営業に対する規制と取締りをのがれるために,少なからざるバーが,主として昭和40年代に,業態を飲食店の営業許可だけで開業できるスナックに転換して,今日に至っている。【高田 公理】【鈴木 晋一】。…

※「スナック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スナックの関連情報