上田[市](読み)うえだ

百科事典マイペディアの解説

上田[市]【うえだ】

長野県中北部,千曲(ちくま)川流域の上田盆地及び周辺山地を占める市。1919年市制。中心市街は1583年真田昌幸の築城後,城下町,北国街道の宿場町として発達,近世上田紬(つむぎ)の産で知られた。北陸新幹線,第三セクターしなの鉄道,上田電鉄が通じ,1996年11月上信越自動車道が開通した昭和初期まで繭の集散,蚕種業が盛んであったが,現在は減少し,電気機器,輸送用機器,一般機器工業が急成長している。ハクサイ,キャベツ,リンゴ,クルミを多産。日本たばこ上田工場,信州大学繊維学部,上田城跡(史跡),信濃国分寺跡(史跡)がある。上田電鉄の終点に信州の鎌倉といわれる別所温泉があるほか,南部には内村温泉郷,北部にはスキーのメッカとして知られる菅平があるなど,観光資源に恵まれる。2006年3月小県郡真田町,丸子町,武石村を編入。552.04km2。15万9597人(2010)。
→関連項目小諸藩塩田

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うえだ【上田[市]】

長野県東部,上田盆地の中心都市で千曲川に沿う。1933年市制。人口12万3284(1995)。古代には信濃国府・国分寺が設けられ(跡は史跡),戦国時代に真田昌幸が城を築いて以来,城下町として発展,市街は旧北国脇往還に沿って発達した。明治に入ってからは,小県(ちいさがた)郡,さらに南北佐久を含めた東信濃の行政・経済の中心地になり,商圏は群馬県吾妻郡嬬恋(つまごい)村にまでおよんでいる。江戸時代から蚕種業,製糸業,つむぎ製造などが盛んで,明治時代に小県蚕業学校(現,上田東高校),上田蚕糸専門学校(現,信州大学繊維学部)も設置された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android