コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田[市] うえだ

2件 の用語解説(上田[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

上田[市]【うえだ】

長野県中北部,千曲(ちくま)川流域の上田盆地及び周辺山地を占める市。1919年市制。中心市街は1583年真田昌幸の築城後,城下町北国街道の宿場町として発達,近世上田紬(つむぎ)の産で知られた。
→関連項目小諸藩塩田

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うえだ【上田[市]】

長野県東部,上田盆地の中心都市で千曲川に沿う。1933年市制。人口12万3284(1995)。古代には信濃国府・国分寺が設けられ(跡は史跡),戦国時代に真田昌幸が城を築いて以来,城下町として発展,市街は旧北国脇往還に沿って発達した。明治に入ってからは,小県(ちいさがた)郡,さらに南北佐久を含めた東信濃の行政・経済の中心地になり,商圏は群馬県吾妻郡嬬恋(つまごい)村にまでおよんでいる。江戸時代から蚕種業,製糸業,つむぎ製造などが盛んで,明治時代に小県蚕業学校(現,上田東高校),上田蚕糸専門学校(現,信州大学繊維学部)も設置された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone