コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)合(わ)せる ウチアワセル

デジタル大辞泉の解説

うち‐あわ・せる〔‐あはせる〕【打(ち)合(わ)せる】

[動サ下一][文]うちあは・す[サ下二]
物と物とをぶつけ合わせる。「グラスを―・せて乾杯する」
方法・準備・日取りなどについて、前もって相談する。「会の進行について―・せる」
楽器や声を合わせて、演奏したり歌ったりする。合奏・合唱する。
「琴に―・せたる拍子も」〈・若菜下〉
物と物とを近寄せて、うまく合うようにする。重ね合わせる。
「袖―・せて立ちたるこそをかしけれ」〈・七六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

打(ち)合(わ)せるの関連キーワードバットマンカブリオルチリカラこきりこ日取り太刀踊たる

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android