コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働組合法[イギリス] ろうどうくみあいほう[イギリス]Trade-Union Act

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働組合法[イギリス]
ろうどうくみあいほう[イギリス]
Trade-Union Act

1871年,自由党内閣のもとで成立した法律。登録した労働組合に法的地位を初めて認めた。しかし同時に行われた刑法の改正でストライキが制限され,すでに合法化されていた平和的ピケットが禁止された。以後労働組合は増加し,75年保守党内閣のもとで平和的ピケットの禁止が解かれた。さらに 1906年の労働争議法がタフ・ベール事件の判決を,また 13年の労働組合法オズボーン判決をくつがえし,それぞれ完全な争議権と政治的目的のための組合費徴収権を組合に認めた。なお 27年の労働争議および労働組合法でゼネストが違法とされたが,46年労働党内閣により廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

労働組合法[イギリス]の関連キーワード廃藩置県普仏戦争マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手日本科学史(年表)インターナショナル(音楽)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android