コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イナ

デジタル大辞泉の解説

いな【否】

[名]
同意しないこと。不承知。「も応もない」
(「…かいなか」の形で)…でないこと。「学生かかは問わない」
[感]
申し出や依頼を拒否するときに用いる語。いやだ。「再度の懇請にと答える」
自分の発言を途中で否定したり、ためらったりするときに用いる語。いいえ。そうではない。「国家のため、全世界のために」

いや【否】

[感]《「嫌(いや)」と同語源》
相手の言ったことを否定し、自分の考えを述べようとするときに用いる語。いいえ。いえ。「、そんなことはない」
自分が言ったこと、考えていたことを取り消すときに用いる語。「五時、もう六時になったかな」
否定も肯定もしないで、話の合間に何となく発する語。「その、、君、ちょっと来てくれ」

ひ【否】

賛成しないこと。承認しないこと。「とする者多数」

ひ【否】[漢字項目]

[音](漢) [訓]いな いや
学習漢字]6年
そうではないと打ち消す。同意しない。「否決否定否認拒否
…か…でないか。「安否可否合否採否賛否実否真否正否成否存否諾否適否当否認否能否良否
物事が通じない。運が悪い。「否運
[難読]否応(いやおう)運否天賦(うんぷてんぷ)

ふ【否】[漢字項目]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いな【否】

( 感 )
否定や拒否を表す言葉。いや。そうではない。 「世界平和はわれわれの、-全人類の希求するところである」 「おいらかに-といはましかば、さても止みなまし/落窪 2
( 名 )
不承知。不賛成。 「 -も応もない」 「頼むに-はあるまいと語れば/浄瑠璃・油地獄
(「か否か」の形で)そうでないこと。 「事実か-か徹底して調べる」 → いなやいなとよ

いや【否】

〔「いや(嫌)」と同源〕
( 感 )
問いに対して答えが否定的であることを表す語。いいえ。 「『寒い?』『-、寒くない』」 「『食べないの?』『-食べるよ』」
自分が先に言った言葉を打ち消す時に使う語。 「ぼくの本だ。-、違った」 「日本一、-、世界一だ」 → いいえ
( 副 )
あるいは。やれ。 「尊い山伏を、-『犬で候』の『猿で候』のと言うて/狂言記・柿山伏」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

否の関連キーワード死は或いは泰山より重く或いは鴻毛より軽しフォーマットチェックバリアオプション第三者割当増資否でも応でも籤運・籖運対照言語学無過失責任否が応でも暗証番号補償原理相落手形運否天賦耐震診断内柔外剛別問題整合説否でも国育ちか否か

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

否の関連情報