子細・仔細(読み)しさい

精選版 日本国語大辞典「子細・仔細」の解説

し‐さい【子細・仔細】

〘名〙
① (形動) こまかなこと。くわしいこと。また、そのさま。
明衡往来(11C中か)下本「雲上故実以故相公之御説聞。温樹不言難子細
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉後「毎船此等の事を仔細に記したる簿冊」 〔魏書‐源思礼伝〕
② くわしい事情。事のいわれ。理由。
今昔(1120頃か)一九「前(さき)の度子細は承り候ひにき」
③ (形動) あれこれと異議を言いたてるほどのさしつかえとなる事柄。面倒なこと。また、そのさま。異論。異議。
平家(13C前)一「既に詔命を下さる。子細を申すにところなし」
浄瑠璃・定家(1708)五「けっきさかんの若法師、耳にも更に聞いれず、しさいな者には舞見せな」
④ (形動) 表面に出していうことができない事情。ある事情。なにかのわけ。また、そのような事情のありそうなさま。もったいぶったさま。
※平家(13C前)一「近日人々あひたくまるる子細ある歟(か)の間」
※咄本・新軽口恵方宝(1764‐72頃)「殊の外しさいなる親父」
⑤ 人の感動するようなこと。
※浮世草子・好色盛衰記(1688)三「人皆いひやみて後は太夫のこらず自由してひとしほ子細(シサイ)をやれば、外よりは過分の入銀」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android