宗(漢字)

普及版 字通「宗(漢字)」の解説


常用漢字 8画

[字音] シュウ・ソウ
[字訓] みたまや・とうとぶ・むね

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 会意
宀(べん)+示。宀は屋。示は祭卓の形。〔説文〕七下に「なり」とあり、宗のあるところ、またその祭る祖宗をいう。卜辞に大宗・中宗・小宗の名があり、周に大宗・小宗を本支とする宗法制があった。宗の祭器を宗彝(そうい)という。本宗として尊崇すべきものを宗といい、その本旨のあるところを宗旨、信教の上では宗旨(しゅうし)という。

[訓義]
1. みたまや。
2. みたまやにまつる人、おやすじの人、特に主としてまつるべき人、その家すじの人。
3. たっとい、とうとぶ、あがめる、おもだつ、むねとする。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕宗 ムネ・タフトシ・タフトブ・トモ・モト・アガム・モロ・イノル 〔字鏡集〕宗 トモ・モロ・モト・ムネ・モロモロ・タフトシ・モトモ・モトム・アガム・イノル・タフトブ

[声系]
〔説文〕に宗声として・崇・淙・綜など六字を収める。宗にはもと、もとに集まるの意がある。

[語系]
宗tzum、崇dzhiumは声義が近い。崇は〔説文〕九下に「嵬(たか)くして、高きなり」とあり、崇高の意がある。

[熟語]
宗彝・宗・宗家・宗会・宗器・宗軌・宗兄・宗系・宗・宗・宗仰・宗国宗子・宗師・宗支・宗旨・宗祠・宗室・宗主・宗祝・宗庶・宗緒・宗尚・宗匠・宗職・宗臣・宗親・宗人・宗生・宗姓・宗・宗祖・宗族・宗属・宗致・宗・宗統・宗派・宗・宗婦・宗邦・宗法・宗本・宗門・宗邑・宗類
[下接語]
一宗・宗・家宗・改宗・開宗・外宗・旧宗・興宗・師宗・詩宗・邪宗・守宗・儒宗・小宗・世宗・正宗・祖宗・他宗・大宗・岱宗・秩宗・統宗・同宗・分宗・文宗

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android