コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密蔵院 ミツゾウイン

3件 の用語解説(密蔵院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みつぞう‐いん〔ミツザウヰン〕【密蔵院】

愛知県春日井市にある天台宗の寺。山号は、医王山。寺号は、薬師寺。開創は、嘉暦3年(1328)。開山は、慈妙。栄西を祖とする葉上流の伝法灌頂道場、篠木談義所として尾張国天台宗の中心寺院であった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

密蔵院

愛知県春日井市にある寺院。1328年創建。天台宗延暦寺末中本寺格。本尊は薬師如来多宝塔室町時代の建立で国の重要文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

密蔵院
みつぞういん

愛知県春日井(かすがい)市熊野町にある天台宗の寺。医王山薬師寺(いおうさんやくしじ)と号する。本尊は薬師如来(にょらい)。1328年(嘉暦3)慈妙上人(じみょうしょうにん)がもと薬師堂に入り、栄西(えいさい)に始まる葉上(ようじょう)流の灌室(かんしつ)(灌頂(かんじょう)を行う室)を開き、以来篠木(しのき)談議所として学問道場となった。盛時は山内(さんない)36坊、数百の末寺をもち、江戸時代には名古屋東照宮の別当職(べっとうしき)も兼ねた。濃尾(のうび)地震(1891)で薬師堂、灌室などが倒壊したが、その後諸堂が修復された。多宝塔(室町時代)と木造薬師如来像は国重要文化財。[塩入良道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

密蔵院の関連キーワード寛永寺常楽寺太山寺本山寺明王院松尾寺喜多院西蓮寺神武寺報恩寺

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

密蔵院の関連情報