コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田[村] ひらた

1件 の用語解説(平田[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひらた【平田[村]】

福島県南東部,石川郡の村。人口8322(1995)。阿武隈高地南部を占め,いわき市と郡山市のほぼ中間に位置する。村域は標高300~600mの高原地帯にあり,総面積の60%以上は山林で占められ,村のほぼ中央部を西流する北須川と平田川の流域に耕地が散在する。典型的な山間農村で,就業人口の4割が農業に従事し,冬季の出稼ぎが多い。葉タバコ栽培を中心に米作,畜産が行われ,近年,野菜,花卉,花木の栽培も増加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平田[村]の関連キーワード阿武隈川棚倉土岐備前益子室戸いわきたまかわひらたふるどの

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone