敦賀[市](読み)つるが

百科事典マイペディアの解説

敦賀[市]【つるが】

福井県中部の市。1937年市制。敦賀湾奥に天然の良港をもつ市街があり,北陸本線,北陸自動車道が通じ小浜線,舞鶴若狭自動車道が分岐する。古来大陸貿易,加賀・越前・能登と京畿との物資輸送,北陸街道の要衝として発展した。敦賀港が1951年重要港湾に指定され,漁業,水産加工のほか,近年は化学,セメント,電気機器の工場も立地,臨海工業都市として発展している。1969年湾口の立石岬に原子力発電所が建設された。気比(けひ)神宮,気比ノ松原(名勝)がある。251.39km2。6万7760人(2010)。
→関連項目海津気山津塩津七里半越角鹿

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つるが【敦賀[市]】

福井県中央部,若狭湾東端の敦賀湾奥に臨む港湾都市。1937年市制。人口6万7204(1995)。古来,大陸人の来着で知られた自然の良港で,背後の山地断層谷によって容易に琵琶湖北岸へ越えることができた。このことがここを畿内から北陸に至る門戸としていっそう重要にし,中・近世を通じて日本海側諸地方の物資を中継して栄えた。1882年北陸本線が通じ,99年には開港場となり,第2次世界大戦前は朝鮮の羅津,ソ連のウラジオストク間に定期航路をもつ国際港で,シベリア鉄道と結んでヨーロッパへの最短路であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android