コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上[市] むらかみ

百科事典マイペディアの解説

村上[市]【むらかみ】

新潟県北部,越後平野北端の市。1954年市制。中心市街は内藤氏の城下町として発達,その町割を残している。日本海東北自動車道,羽越本線が通じる。藩の奨励で興った堆朱(ついしゅ)を特産,三面(みおもて)川のサケ,また商業的栽培地として北限の村上茶の産地としても知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むらかみ【村上[市]】

新潟県北東部の市。1954年市制。人口3万1938(1995)。三面(みおもて)川下流に位置し,東部は三面川支流の門前川流域の山地からなる。日本海に臨む西部は南半が越後平野北端にあたり,瀬波海岸には砂丘が発達する。北半は山地が海岸まで迫り海府浦と呼ばれ,岩石海岸が多い。中心の村上は中世から近世を通じ城下町として栄え,鍵形の道路など城下町のなごりがみられる。市街地東の臥牛(がぎゆう)山(135m)には山城跡の石垣が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の村上[市]の言及

【越後国】より

…越後国知行高45万石。秀治は与力大名として村上頼勝(村上藩),溝口秀勝(新発田藩)を従えたが,いずれも豊臣取立て大名であった。秀治は同年1反360歩の中世的田制ながら太閤方式で領内総検地を行い,1600年には会津から侵入した上杉軍およびこれに呼応した越後一揆(上杉遺民一揆ともいう)を平定して,関ヶ原戦の前哨戦に徳川氏に忠勤を尽くした。…

※「村上[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

村上[市]の関連キーワード瀬波[温泉]磐舟柵

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村上[市]の関連情報