コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄[村] さかえ

1件 の用語解説(栄[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さかえ【栄[村]】

長野県北東端,下水内(しもみのち)郡の村。人口2896(1995)。県の北東端にある村で,北と東は新潟県,東は群馬県と接する。北部を千曲川が東流し,その左岸側をJR飯山線,国道117号線が通る。総面積の95%を山林・原野が占める山村で,冬季の積雪は2~3mにも達し,全国屈指の豪雪地帯である。千曲川沿いに低地が若干あって水稲が作られるほか,林業が盛ん。観光の中心は南東部にあって,古くから平家落人伝説の秘境として知られ,また岩魚の宝庫としても知られる中津川峡谷の秋山郷。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

栄[村]の関連キーワード関川野沢温泉霜月神楽須坂安曇野松川おがわしなの信越さかえ倉橋部広人丸山英一郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone