武蔵野(杯)(読み)むさしの

世界大百科事典内の武蔵野(杯)の言及

【杯∥盃】より

…江戸時代にはしばしば酒戦(しゆせん)と称して酒の飲みくらべが行われたことなどもあって,大杯に対する関心がかなり強く,三都の〈浮瀬(うかむせ)〉のように最大6升5合入りなどの大杯を備えて人気を集めた料亭もあった。また,一般に大杯を〈武蔵野(むさしの)〉と呼んだ。〈飲みつくせぬ〉を広い武蔵野を見つくさぬの意の〈野見つくさぬ〉にかけたもので,内側一面にススキの図柄を蒔絵で施したものもあった。…

※「武蔵野(杯)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android