コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧[村](読み)まき

世界大百科事典 第2版の解説

まき【牧[村]】

新潟県南部,東頸城(ひがしくびき)郡の村。人口3294(1995)。東頸城丘陵の西端にあり,南東部は長野県に接する。村の中央を保倉川の支流飯田川が流れ,耕地の大部分は山腹の棚田である。飯田川上流の棚広には越後古油田の一つ牧油田があり,明治末には産油地として活気を呈していた。農業は近世以来米作を中心としていたが,昭和40年代以降,丘陵地での和牛肥育,タバコ栽培など多角化が試みられている。隣接する上越市への通勤者が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android