コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧[村] まき

1件 の用語解説(牧[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まき【牧[村]】

新潟県南部,東頸城(ひがしくびき)郡の村。人口3294(1995)。東頸城丘陵の西端にあり,南東部は長野県に接する。村の中央を保倉川の支流飯田川が流れ,耕地の大部分は山腹の棚田である。飯田川上流の棚広には越後古油田の一つ牧油田があり,明治末には産油地として活気を呈していた。農業は近世以来米作を中心としていたが,昭和40年代以降,丘陵地での和牛肥育,タバコ栽培など多角化が試みられている。隣接する上越市への通勤者が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

牧[村]の関連キーワード頸城油田高田高田平野東頸城丘陵上越僻僻し真東松平定輝村山信義村山義盛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone